ドアノブカバー
ドアノブカバー_04.jpg何年も使っているドアノブのカバー。何度も洗濯して何年も使っているうちに、びよよよぉ~んと、くたくたになってきていました。
ドアノブカバーって、気に入るデザインが少ない中、ピンク色で、レースがあしらっていて、小さなお花のモチーフの飾りもとても気に入っていたもので、ゴムを替えたりして、なかなか捨てられずにいたのです。
が、この年末に、意を決して、引退してもらうことに決めました。

くたくたになってしまったその作りを見ると、なんとなく私にも作れそうw
2007年、作り初めは『ドアノブカバー』に決定です。

『CHECK & STRIPE』さんの白いリネンに、fogのレース。fogのリボンをゴム通しにして、ずっと以前に作ったニットキャップドアノブカバー_01.jpgの余り毛糸で、飾りとして、コサージュらしきものを作ることに。

このなんちゃってコサージュ。作り方がわからなくて、それっぽいものの作り方が載っている本を見ながら作ってみるものの、なんだか違う。なので、目を減らしたりしながら分からないなりに自己流でそれっぽいものを作ってみました。



ドアノブカバー_03.jpg生地を裁断する時、丸く裁断したいのにコンパスが無くていきなりつまづきます。
でも、丁度良さ気な大きさの小皿にピン♪無謀にも小皿で型取りをしました(笑)
周りを裁ち目かがりしている時に気付いたのですが、丸い形を縫うのって難しいですね!面倒くさがりの私は、ひとつ目は、待ち針も使わず、少し縫ってはレースをよせて、の繰り返しで作っちゃいました。う~ん。
ふたつ目、きちんと待ち針で始めに形を整えてから縫うと、まだ綺麗にできました。当たり前ですねレースが縫えた時点で、可愛いなぁと思いうっとり。かなり自己満足(笑)どんな感じが見たくて、ドアノブにあててみると・・・
あれあれ?思ったより小さい。ガーン!!

ドアノブカバー_02.jpgfogのレースが、ひとつ目を作った時点で、ふたつ目を作るには長さが足りなくなってしまったので、ホビーラホビーレのレースをつけた方が、レースの幅が狭かったようで、更に小さくなってしまい・・・。ゴム通しを縫って、飾りをつけたりなんかしようものならちんちくりんになること間違いなし!ということが判明。
そこで、今回飾りは諦めて、ゴム通しとして使おうと思っていたリボンを「結ぶ」作戦に(笑)これが、かなりへんてこりんなようで、その不恰好さが意外と可愛いらしいんじゃないかとw そして思い出したのが、内田彩仍さんの書籍「私の好きなおしゃれ ~for comfortable days~」の付録のリボン。わくわくしながら結んでみると、、、やっぱり可愛い~w 失敗から産まれた意外な成功に、思わずにんまり
かなり自己満足なドアノブカバーになりましたが、出来の悪いコほど可愛い?お気に入りですw
[PR]
by mitwo by comfortable-day | 2007-01-09 11:31 | 手作り トップへ↑
<< 白あじさい feel so nice!! >>



リネンで手作り、雑貨屋さんめぐりや、好きな書籍などを紹介しています。内田彩仍さんのように、心地よい暮らしを目指して・・・           2007.5.2より前の記事は、旧サイト分です^^
     by mitwo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
XML | ATOM
skin by mitwo